おねしょの原因

おねしょナビ

夜間の尿量が多い、膀胱未発達、睡眠、ストレスなどなど。

おねしょの原因

おねしょの原因には、いくつか考えられます。

まず夜間の尿量が多いことです。

夕方以降の水分摂取量が多いと夜間の尿量も多くなりますが、適量の場合でも尿量が多い理由として抗利尿ホルモンの働きが悪いという理由が考えられます。

このホルモンは昼間はすくなく夜になると多くなるのが通常です。

でもおねしょをしてしまう子は夜になってもこのホルモンが出が悪いので、おねしょをしてしまう場合があります。

さらに別の理由として、夜間の膀胱容量が未熟という理由も考えられます。

夜間の膀胱機能は成長と共に発達していきます。

それで夜間は昼間の尿量の1.5~2倍ためられるようになりますが、おねしょをしてしまう子はこの膀胱の機能が未発達である可能性があります。

さらに別の理由は睡眠です。

普通、尿意を感じると目が覚めますが、目が覚めない子もいます。

これは子供の睡眠が深いからです。

それでおねしょをしてしまうことがあります。

またこれとは別に、半年や1年以上おねしょをしていなかったのに、突然おねしょが始まってしまう場合は、ストレスが原因となることがあります。

強いストレスがかかると、自律神経の働きが不調となり、これがおねしょにつながることがあります。

ソーシャルボタンsnb

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おねしょナビ Copyright (C) www.repodeur.com. All Rights Reserved.