おねしょとは?

おねしょナビ

おねしょと年齢ごとの変化について

おねしょとは?

おねしょとは、寝ている時に知らずにお布団の中に「おしっこ」をもらしてしまうことです。

おねしょが起きる原因として考えられる理由の一つに、夜眠っている間につくられるおしっこの量と、そのおしっこをためる膀胱の大きさとのバランスがとれていないと起こります。

例えば赤ちゃんの場合、まだ膀胱が小さく、おしっこも昼夜の区別なく作られるので、夜も昼間と同じ間隔でおしっこし、一晩に何回もおねしょをすることでしょう。

2,3歳になると、膀胱にためられるおしっこの量が増えてきますので、夜もたくさんためられるようになり、また夜の間に作られるおしっこの量も減ってきます。

それでおねしょはだんだんと減ってきて、二人に一人の割合になります。

4,5歳になると、夜間の膀胱のためも安定してきて、また夜は尿をあまり作られなくなるので、7~8割のお子さんがおねしょをしなくなってきます。

それで5歳になっても、毎日おねしょをするようでしたら、体の生理的な発達が遅れていることも考えられます。

小学校入学頃でもおねしょをするお子さんは1割程度だそうです。

それでこのおねしょの自立の個人差は、遺伝的な要因が強く、また夜間の排尿間隔を延長させる発達の遅れによるものが大部分なんだそうです。

ソーシャルボタンsnb

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
おねしょナビ Copyright (C) www.repodeur.com. All Rights Reserved.